電子水は浄水器で作る水とは違う!水の分子構造とは?

電子水と浄水器で作る水の違いは分子構造

電子水浄水器購入する前に知っておきたい“水の分子構造の大きさ”についてお伝えします。

「水に大きいも小さいもあるの?」と疑問を抱いている方もいらっしゃると思いますが、同じ水でも種類によって“分子構造”の大きさは異なります。水(H2O)は、酸素(O2)と水素(H2)が結合して分子を作っています。その分子同士が結合し、集団となったものを「分子構造」と言います。分子構造の大きさにより「分子構造が大きい水」と「分子構造が小さい水」とに分けられるのです。

一般的に、私たちの身近にある水道水や浄水器は大きな水、電子水は小さな水となります。

電子水の違い

“小さな水”は活用法も多く、吸収力抜群でおすすめ!

電子水活用

GENKI JAPANでは、“小さな水”つまり電子水をおすすめしています。

水は酸素や栄養素、老廃物などを運んだり体温調節をしたりと、体内でも重要な役割を担っているため欠かせないものです。そんな水を効率よく取り込むためには、電子水がおすすめなのです。分子構造が小さな電子水は、浸透力が高く細胞の隅々にまで入り込むことができます。

また、安全ということでも知られており、小さなお子様から大人まで安心して飲むことができるというのも大きな魅力です。

電子水を飲んで体内から水を浸透させる以外にも、お風呂やスキンケアなどに用いて体外から浸透させるなど活用法も多いので、健康や美容を意識している方は日常生活に電子水を取り入れてみてはいかかでしょうか。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから