リュウマチには電子水

リュウマチとは?

リウマチは、自己免疫疾患のひとつで関節の痛みと腫れやこわばりが多くの関節に現れ、関節の骨破壊が進み、歩行困難や手が使いづらくなるなど、日常生活への影響が表れる病気です。時には肺線維症などにより、呼吸機能低下を生じることもあります。

近年ではリウマチに対し薬物療法が進歩して、痛みや腫れなどの症状が大きく軽減されるようになりました。しかし症状が軽くなっていても、関節の破壊が進む場合があります。特に手指や手首、足指や足首、ひざなどの関節の軟骨は傷つきやすいことが知られています。

リウマチと関節軟骨の関係

関節軟骨は、関節を滑らかに動かす上でとても重要な働きをしており、例えば手指の軟骨に傷がつくことで、物をつまんだり握ったりする動きが不自由になります。あるいは、足指や足首、ひざの軟骨が傷つくことにより、歩くのが困難になることもあります。

また、関節軟骨はいったん傷つくと中々、元に戻りにくいため。たとえ痛みが和らいできたとしても関節に対する負担が少しでもかからないように日ごろから工夫する必要があります。

さらに関節に腫れや痛みがあることにより、誰もがあまり動かなくなってしまいます。動きが少ないと筋力は徐々に落ちてゆき、筋肉の短縮や関節周囲組織の柔軟性も低下し、関節の動く範囲も狭くなってしまいます。

以上のような症状をきたすことから、リウマチではだんだんと日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

リウマチの改善と治療方法

リウマチによる症状を緩和するため、薬物療法とともに適切なリハビリが必要です。

特に薬物療法では、免疫異常を改善し病気の進行を抑える為日々の食事バランスが大切になっております。この免疫力を高める為に電子水がとても大きな役割を果たしてくれると言われております。 ぜひ、一度、ゲンキジャパンの電子水を試してみてはいかがでしょうか?

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから