抗がん剤と電子水について

全国で25万人近くが癌治療で「殺されている」事実

現在ガンの死者は年に31万人といわれています。ところが何人もの専門医が「その7,8割は、実は抗がん剤や放射線治療法などで殺されている」と断言しています。

現代の日本では身内がガンと診断されたら、まちがいなく病院で?抗がん剤、?放射線療法、?手術・・・・の治療を強制的に施される。これらをガンの三大療法と呼ばれています。ところが実はガン患者の25万人近くがガンではなくこれらの三大療法によって殺されているいわれています。

「抗がん剤でガンは治せない・・・・」

これは厚生省の担当者の回答です。あなたには大ショックのはずだ。「抗がん剤には発がん性があります。」癌患者に投与すれば「ほかの場所にも発がんする。」つまり抗がん剤は「増ガン剤」であることも認めらています。

さらに「ガン細胞はすぐに抗がん剤に耐性を持ちそれを無力化する」・・・・。と平然と言い切る担当者もいます。「それ等は皆、周知の事実です。」つまり「常識だ」と平然と言い放つのだ。

この見解は、今も抗がん剤治療に一縷の望みを託しているガン患者の方や家族にとって、身が震えるほどの一大衝撃ではないだろうか。

普段の生活からガンを予防する

日常的に使用している水道水にはトリハロメタンやトリクロロエチレンなどの発がん物質が含まれています。アメリカでは、トリハロメタロンの入った水道水を飲んでいる者は、井戸水を飲料水としている人より腸・膀胱ガンの発生率が15%も高いことが分かっている。

このように普段の生活で使用する水に気を付けることがとても大切だと言われています。皆さんもこの機会に是非、電子水を取り入れてみましょう。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから