癌に効く水とは?

現代医学も認める、血液を浄化することが癌に効く方法

現代医学や現代栄養学的にも、以下に示すような方法は種々の科学の光が当てられ、「癌に効く方法」として認識されつつあります。しかし、一旦、癌になってしまうと、そうした予防方法はかえりみられず手術や放射線、化学療法などの治療後は、「体力をつけるために」という大義名分のもとに、肉食を推奨しうんと食べることを奨める医師がいるのですから驚きです。

今回の記事では癌に効くをテーマに日常から取り入れられる方法をご紹介します。

十分に唾液が出るまでよくかむ

よく噛みますと、早食いする時に食べ過ぎてしまうことがなくなり、自ずと小食を守れます。脳の満腹中枢が正しく機能してくれるからです。十分にかむと唾液がよく出て唾液腺から、不老長寿のホルモンといわれるパロチンが血中に放出されます。ある面、癌の予防には「若さを保つこと」が一番重要なのですから、パロチンがガン予防になると言えるでしょう。

さらに唾液中には、10種類以上の酵素が含まれているとされますが、その中のペルオキシダーゼは、種々の発がん性物質の解毒や、発癌の元凶と目されている活性酵素を消去する作用があります。

一口で30回以上かむと十分に唾液が出て、唾液は30秒で発がん物質の毒性を消すと言われています。

癌にいいと言われている食べ物について

ガンにいいと言われている食べ物には、トマト、ニンジン、ピーマンなどの緑黄色野菜、玉ねぎ、生姜、セロリ、ヨーグルト、コーヒー、緑茶、水などがあります。水については水道水がよくない、水道水に含まれる物質トリハロメタンががんに悪影響を及ぼすという研究がされているそうです。トリハロメタンについてのがんとの関係は、世界中でさまざまな意見があるようです。トリハロメタンの一種にクロロホルムとブロモジクロロメタンがあり、これらは「発がん性が疑われる」化学物質に分類されています。ジブロモクロロメタン、ブロモホルムは発がん性が分類できないとされています。

 

全国で25万人近くが癌治療で「亡くなられている」事実

現在ガンの死者は年に31万人といわれています。ところが何人もの専門医が「その7,8割は、実は抗がん剤や放射線治療法などで亡くなられている」と断言しています。

現代の日本では身内がガンと診断されたら、まちがいなく病院で抗がん剤、放射線療法、手術・・・・の治療を強制的に施される。これらをガンの三大療法と呼ばれています。ところが実はガン患者の25万人近くがガンではなくこれらの三大療法によって亡くなられていりといわれています。

「抗がん剤ではガンは治せない・・・」これは厚生省の担当者の回答です。「抗がん剤には発がん性があります。」癌患者に投与すれば「ほかの場所にも発がんする。」つまり抗がん剤は「増ガン剤」であることも認めらています。


普段の生活からガンを予防する

日常的に使用している水道水にはトリハロメタンやトリクロロエチレンなどの発がん物質が含まれています。アメリカでは、トリハロメタロンの入った水道水を飲んでいる者は、井戸水を飲料水としている人より腸・膀胱ガンの発生率が15%も高いことが分かっている。

このように普段の生活で使用する水に気を付けることがとても大切だと言われています。皆さんもこの機会に是非、電子水を取り入れてみましょう。

 

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから