水がもたらす健康効果とは!?

1.水と人の体の関係は

人間の体はほとんどが水で構成されています。細胞の中や血液など、あらゆるところにあります。人間の体は水分を摂取しないと4~5日しか生命を維持出来ないと言われています。献血によって水分が約2%失われるだけでも食欲不振や頭痛が起こることもあります。

身体における水の役割は下記の3つになります。

  1. ①血液を流す
  2. ②尿を流す
  3. ③汗を流す

血液は、体の隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運んでいます。それと同時に老廃物や過剰な物質を体外に排出する役割をしています。血液の半分以上が血しょうになります。血しょうの90%は水分です。その水分は生体水と呼ばれています。体内の血液は腎臓を通過して老廃物とたくさんの水をろ過しています。その水の量はなんと1日に170~180ℓもの水が使われています。ろ過された後は、不要なものは水分と一緒に尿として排出されます。腎臓は体内の水分調節をし、体内の水は体温の調整をしています。汗をかけば蒸発するときに熱を奪い皮膚の表面温度を下げます。気温の上昇する夏や運動して体温が上がるときにそのようにして体温の上昇を防いでいます。

 

成人の場合には、1日に2~2.5Lの水が必要とされています。赤ちゃんは体重の75~80%が水分です。その後、徐々に細胞が増え、成長とともに体内の水分量も減少します。赤ちゃんは細胞内水が45%、細胞外水が55%であり細胞外水の方が多いです。お年寄りになると水分量が年齢とともに50%ぐらいまで減少します。肌は保水力が低下し、水分が失われても感じにくくなり、のどの渇きに気づきにくいことがあります。赤ちゃんや小さなお子様お年寄りは早めの水分補給が必要となります。

 

2.超波動水の結晶画像

 

※超波動電子水の結晶画像/©️Office Masaru Emoto, LLC

超波動電子水の結晶画像

この結晶は超波動電子水生成器 SUPER MILACK21で生成された水を-25度で氷結させ、その後-3度の状態で融解したときに発生する水蒸気が再結晶化したものを撮影したものです。波動のいい水ほど整った六角形の結晶を創りやすいということが分かっています。

撮影場所

合同会社オフィス・マサル・エモト(Office Masaru Emoto, LLC) オフィシャルサイトhttps://www.masaru-emoto.net/jp/


 

3.水を飲むことで得られる効果

 

水で得られる効果としては下記のようなものがあります。

①疲労回復

※電子水の購入はこちら

※超波動電子水の購入はこちら

 

 

適度に水分を取ると体内の酸素や栄養素が体に行き渡り、疲れにくくなります。不足すると酸素や栄養素が上手く運ばれず疲れやすくなります。水をこまめに飲むと血流を良くなり、疲労回復を促します。

②便秘の解消

水分が不足すると便秘の原因となることがあります。水分不足が便を固くしてしまう原因となってしまし

ます。だからと言って大量に摂取すると尿として排出されてしまうのでご注意ください。

③むくみの解消

むくんでいると水分摂取が多いと思われがちですが、水分不足は体内の血液やリンパ液の流れがスムーズにできてないときに起こりやすいです。

④ダイエットや美肌効果

水を飲むと老廃物の排泄がスムーズになり、むくみや便秘が解消されていきます。そのためダイエットにも効果があると言われています。また新陳代謝が活発になることで美肌効果があると言われています。

⑤ストレスの解消

水に含まれるカルシウムやマグネシウムといった成分にリラックス効果があるそうです。また水を飲んで副交感神経を刺激し、自律神経のバランスを整えることも出来ると言われています。

 

4.水の効果的な飲み方

では効果的な飲み方はどんな飲み方になるか気になりますよね。

コップ一杯 200ccぐらいを一日に8~10回くらいに分けて飲むといいです。

のどが渇いてからに飲むのではなく1日に飲む量を決めて水を摂取してください。

 

水を飲むタイミングは下記の時間がおすすめです。

  1. 寝起き
  2. 食前
  3. 運動した後
  4. サウナや入浴の前
  5. 寝る前

適量の水を飲むと一時的に体温は下がります。に体は下がった体温を上げようとするので血液の流れをよくし体温をあげようとします。水を飲んで体温を上げることが出来れば、脂肪が燃焼しやすくなるので水を飲めば飲むほど痩せやすい体質になっていきますね。老廃物の排出にも水分が必要です。と言っても飲みすぎには注意です。一回での大量摂取は腎臓に負担をかけてしまいます。出。冷たい水は吸収スピードが早いのですが、体の負担が大きいです。

のどが渇いたと感じられているときに水をのむと摂取した水分で血液の浸透圧下がり細胞の内外の浸透圧に差が出ます。浸透圧が一定ラインに達すると脳は水を飲むことをストップする指令を出し、脱水状態が進んでいくと細胞内液からも脱水になっていきます。細胞内液の回復を促すのに電子水はお勧めです。

 

5.水と健康とミトコンドリア

水が健康にとって不可欠ということをお伝えしましたが、健康でいられるかどうかは、ミトコンドリアも関係しています。

ミトコンドリアは、ほぼすべての細胞に存在しています。 細胞のエネルギーを生産しているのです。細胞のエネルギーの約95%はミトコンドリアによってつくられています。電子が不足してしまうと本来体を守る働きをするミトコンドリアが細胞を壊す命令を出し、活性酸素を増やして細胞を傷つけ、ミトコンドリア自体も傷ついてしますという結果に繋がります。

電子をチャージした水を飲んでいただくと、足りない電子を体内に取り入れることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一度にまとめて水を大量摂取できないように私たちの体は作られています。

体の細胞に行き届くようにこまめに水を摂取して健康を保ちましょう。電子水は浸透性が高いので体に吸収されやすく体の細胞のすみずみに水分が行き渡ります。「いい水を飲みたい」とお考えの方は、電子水をすすめ致します。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから