ペットと電子水について

ペットにもやさしい電子水

電子水はフィルターなどに通してろ過するタイプの水ではありません。特殊な電気反応によって水を健康に良い弱アルカリ性にしてくれます。人間にも良い効果をもたらしますが、ペットにも効果があります。今回は【ペットと電子水について】について迫ります。

人間と同じように食生活の変化・ストレス・老化によってペットの体は弱アルカリ性から酸性と変化します。ペットの癌が問題視されているように癌の原因の活性酸素が体にできてきます。電子水は弱アルカリですから、活性酸素を除去してくれます。体のバランスが良い状態になります。

犬や猫などペットは人間と同じ哺乳類です。飲料水はできるだけ健康に良い物を与えたいです。かといってミネラルウォーターを与えるにはダメです。硬水の水を飲ませると結石などの病気の原因になります。普通の水道水でも軟水であれば、大きな病気になることは少ないかもしれません。

ですがエリアによっては、カルキで処理する機能を強力にしていることもあります。水道水を直接ペットに飲ますことは好ましくないです。人間の健康にも良い電子水ですが、ペットにも飲ませてあげましょう。通常の水道水は酸化還元電位がプラスになっています。酸化還元単位とは水が酸化を進めるスピードになりますから、プラスの値が高いほど強く酸化します。

電子水生成器を利用した場合は水がアルカリ性にシフトします。極端にアルカリ性になってしまうとこれも体に悪影響になります。電子水は弱アルカリ性で理想的なphの値ですからペットにもやさしいのです。

ペットも電子水で健康に

ペットには安心できる水素水を与えてきていたご家族が、今は電子水に変わってきています。水素水は保存が難しく、空気に触れると劣化します。全部使ってしまわないといけないので使い勝手の悪さがあったのです。今回のテーマは【ペットと電子水について】です。飼っている大切なペットの健康を促進させたいのは飼い主の願いです。病気と縁がない一生を過ごして貰いたいのです。健康を害する活性酸素を防ぐことはとても大切です。

phの単位も安定した電子水生成器で作った電子水は、安全なお水になります。これまで水道水をペットに与えていたり、ミネラルウォーターを与えていたご家庭はペットの健康を第一に考えてあげましょう。普通の水では健康効果は期待できません。

電子水は静電誘導の現象を応用して水の分子を振動させます。水の分子集団(クラスター)を小さくします。甘味があってまろやかな水にします。ペットはとてもよろこびます。水の中で失われてしまったマイナス電子を供給することで電子量が多い水になります。水の中にプラス極とマイナス極の電極を入れて電気分解をします。プラス極に集まったアルカリ性の水が電子水です。厚生労働省が承認した医療器具でつくられます。安心感もあるでしょう。

今やペットは家族の一員と同じです。ペットのお葬式やペットの保険もあります。動物病院も地域で見かけることも多いでしょう。水だからいいだろう?なんて思わずに、電子水を使いましょう。人間の健康にも寄与します。飼い主もペットも電子水で健康になるなんて素敵です。

ペットと電子水についての基礎情報

皆さまが飼っているペットはできるだけ健康でいてほしいでしょう。長生きして欲しいと考えているはずです。体調管理には気を配ると思います。散歩をさせたり、食べものも注意してあげているでしょう。では、水はどうでしょうか?今回は【ペットと電子水についての基礎情報】をご紹介しています。

普通の水道水を与えていませんか?ミネラルウォーターなのかもしれません。ですが、ペットの体調を維持するときに、これらのものは適切だとは言えません。お水によっては病気になってしまう原因になります。老化のスピードが早まっているかもしれません。ペットのことを大事に考えるならば、まずはお水を改善しましょう。毎日のことですから、十分な理解が不可欠です。

もしも、ミネラルウォーターを与えている場合は、硬水をは絶対ダメ。硬度が低いタイプのミネラルウォーターでも、普通の水道水よりも硬度が高かったりします。水道水で沸騰させてしまうと酸素が抜けてしまいます。けれども水道水はカルキが入っているので、塩素があります。これでは健康を害してしまいます。

そこで話題の電子水。これは電子水生成器によって作られます。水道水をボトルに入れるだけでいいから、水素水のように専用のボトルを用意することはありません。必要なときに必要なだけ利用できます。炊飯・煮物・野菜洗い・お風呂にも使える身体にやさしい水です。弱アルカリですから、哺乳類の体には理想的なph数値にしてくれます。

【ペットと電子水】についての解説

ペットに電子水を与えると良いのですが、それには理由があります。電子水は体の老化を防いでくれます。抗酸化作用があるので体に蓄積した活性酸素を除去してくれるのです。この記事では【ヘ?ットと電子水】について解説します。電子水は電子水生成器で作りますから、化学薬品を使ってはいません。

身体に堪ってくる活性酸素は老化の原因にもなってしまいます。人間でもそうですが、皮膚や臓器にも活性酸素は有害です。ストレスや老化によって活性酸素はできます。これを除去することでペットの病気や老化を防ぎます。電子水が出るまでは水素水が重宝されていました。

ですが水素水にはデメリットがありました。特殊なアルミパウチ製法でなければ容器から抜けてしまうことです。しかしながら、電子水は必要なときに電子水生成器で作ればいいのです。水道水に交流の高電圧を与えます。1秒間に50回から60回程度にプラスとマイナスの電圧を与えます。水分子そのものが振動し回転させられます。

電子水はペットの生理作用に負担がかからない弱アルカリ性ですから、飲み過ぎても心配することはありません。お腹にたまらないから健康にいいのです。人間にとっても健康の秘訣になる電子水。これをペットに与えない理由はありません。実際に電子水を生花に利用すれば、とっても長持ちするようになります。

水が嫌いだったペットがしっかり水分補給ができるようになったというクチコミ情報系サイトの投稿も多いです。あなたもペットに電子水を使ってみませんか?

ペットに電子水を与える理由

大部分のペットの飼い主は与えている水は水道水ではないかと思います。ですが、ペットの健康を考えるならば、水道水はオススメできないです。もちろんシャンプーしたりのケアならば水道水でもいいでしょう。けれども飲み水の場合は人間と同じです。安心できる水を用意してあげたいものです。最近は水道水に変わって電子水が注目されています。今回のテーマは【ペットと電子水】です。

水道水は無色透明に見えます。しかしながら、詳細に調べてみると多くの塩素や土地に存在する鉱物が含まれています。毎日水道水を飲み続けると腎臓や消化器系に大きな負担を与えてしまいます。人間にも影響がありますから、人間よりも体が小さいペットの場合には大きな負担になっています。

そこで電子水が注目されています。電子水生成器で簡単に作れます。専用のボトルで保管しなければならない水素水に変わって重宝できます。ペットも人間と同じように体の中の大部分は水分です。健康にも効果がある電子水を与えてあげると体に悪い影響がある活性酸素を除去できます。抗酸化作用があるのが電子水なのです。元気で長生きするペットを育ててあげることができます。

ペットの病気として多い糖尿病・癌・心臓病のリスクが少なくできます。電子水には体の活性化酸素をブロックする効果があるからです。電子水の働きによってペットの細胞やDNAが傷つきにくくなります。この結果としてペットの癌予防になるのです。ペットには電子水を与えるのが常識になることも近いかもしれません。人間にもペットにも健康になれる水。それが電子水なのです。

ペットのアンチエイジング効果や美容にもいい電子水

水素水に変わって注目されている電子水は健康にいいし、アンチエイジング効果や美容にもいいのです。この電子水をペットにも利用する動きが広がっています。この記事では【ペットと電子水】について詳しく解説します。実際にペットだけでなく、人間のがん予防・成人病予防に電子水は大きな効果をもたらせています。

人間の体にも効果があるわけですから、体が小さい犬や猫などのペットならば、より即効性のある効果が得られると思います。電子水生成器で作った電子水をペットに与えだしたご家庭では、ペットの病気を予防できることだけでなく、毛並みがとってもよくなったと評判です。元気に走り回るようになったと高い評価を得ています。

電子水は細胞の老化を防ぐ効果も強いです。ペットの老化予防(アンチエイジング)にも効果があります。大切なペットが長生きをして、いつまでも元気にいてくれるのは飼い主にも大きな癒しになります。抗酸化作用がとっても強い電子水。

ペットの健康や毎日のケアにも安心して利用できるでしょう。元気な愛犬の姿を見たいならば、電子水生成器で簡単にできる電子水を利用してみませんか?ペットも飼い主も元気で健康な生活を送れる電子水。大ヒットする予感があります。これまでは水素水を使っていた人も専用の容器で保存しなければならない不便さがありました。一度開封すると全部を使ってしまわないといけないので面倒でコストパフォーマンスが悪かったのです。その点、電子水は使い勝手も抜群です。

ペットに与えるのに効率がよい電子水

現在あなたが飼っている犬が普通よりも水を多く飲むようになったら、ちょっと注意してあげましょう。ペットの中でも犬は体内の水分が不足していなくても脱水症状になりやすいからです。だから多くの水分を必要とする体調の場合もあります。尿の量が普通よりも異常に多い場合は獣医さんに診断してもらって適切な指示を受けましょう。そして、水は安全なものを与えたいですね。今回は【ペットと電子水】についてまとめておきましょう。

飼い主は犬に与える水にも注意したいですね。水道水はカルキが配合されています。塩素が多く体には決してよくないです。またミネラルウォーターが良いと思っているかもしれませんが、犬は人間と違います。ミネラル分が多すぎると体にナトリウムが溜まりやすくなります。体に負担が少ない水ならば、水素水がいいでしょう。

しかし水素水をペットに与えるのは効率が悪いです。水素水は特殊容器に入れて保存しないと効果がなくなります。一度空気に触れると劣化するからです。少しだけ使ってあとは保存することができないのです。そこで、電子水が俄然注目されています。水素水と同じ抗酸化作用があるからです。電子水生成器で電子水を作れます。好きなときに、利用できるので便利です。

ペットに与える水にも利用できます。人間もペットも元気になれるので一石二鳥です。抗酸化作用があるから、老化や病気の原因になる体の活性酸素を除去してくれます。健康なphである弱アルカリに体を保ってくれます。

ミネラル分も除去してくれる理想的な水

日本の水は軟水が多いのです。海外は硬水が多いのですが、日本の水はミネラル分の含有量が少ないのです。多い地域でも80以下と低水準です。硬度の平均値は70から40程度。数値を見る限りは日本の水道水はペットの健康を考えたときに、環境はよさそうです。だからミネラルのことだけを考えれば、ミネラルウォーターよりも、水道水を与えるほうが良いのかもしれません。しかし、トータルを見なければなりません。今回は【ペットと電子水】についてお話します。

ここで注意しなければならないのはペットフードが高品質になったことにあります。最近のペットフードは栄養価が高くなっています。ミネラル分も十分すぎるぐらい含まれています。そこでミネラルウォーターを与えてしまうと、栄養が過剰になってしまいます。注意が必要です。

そして、水道水は塩素が含まれているデメリットがあります。塩素は健康にはよくありません。だから、一度煮沸することをしていた飼い主さんもいるでしょう。ペットにやさしい水をあげたいという配慮だったと思います。ここにも落とし穴があって、お水を沸騰させてしまうと酸素まで抜けてしまうのです。こういったことからペットに飲ませる最適なお水ではないです。

そこで注目されているのが人間の健康にも良いとされている電子水です。抗酸化作用があり健康の大敵である活性酸素を除去してくれます。ミネラル分も除去してくれますから理想的なお水になります。ペットの病気や老化を防いでくれます。

人間もペットも電子水で健康を維持する

インターネットを見ているとペットの健康を考えた場合にミネラルウォーターが良いと主張する意見を見ました。果たしてこれは正しいのでしょうか?確かに水道水はカルキ消毒をしています。塩素が含まれているのでイメージが良くないでしょう。ですが、実際にはミネラルウォーターもペットの健康に良くないことも研究によって明らかになってきました。硬水のミネラルウォーターは結石を作る原因になっているのです。飲料には適していないことが分かってきました。そこで、電子水が注目されてきました。今回は【ペットと電子水】についてご紹介します。

犬や猫などペットはミネラルの吸収が得意でない構造になっていない報告もあります。ミネラルウォーターの特性は「美味しく飲める」ことです。決して健康が良いことに注目しているのではなかったのです。ミネラルやビタミンの栄養素は摂取しすぎることは健康には良くありません。なんでもかんでも摂取するのはよくはありません……すぎたるは及ばざるが如しです。

ヨーロッパでは「犬に野菜を与えてはいけない」ことが常識になっています。海外の野菜は硬水を使っているのでミネラルが豊富だからです。日本でもドッグフードにはミネラルが豊富です。そして、ペットの体が酸化することを防ぐために、電子水生成器を使ってつくる電子水が飼い主たちに注目されています。抗酸化作用があるのでペットの老化や病気のリスクを避けることができるからです。今後はペットには電子水で水分補給するのが当然になるかもしれません。人間もペットも電子水で健康を維持する世の中になるのでしょう。

電子水は塩素がなくても長期間酸化しない

ペットに水をあげる場合に「健康に良い水」を選ぶのは飼い主としての義務とも言えます。酸化することを防ぐという視点で考えてみてください。その水の最右翼が電子水です。この記事では【ペットと電子水】について解説します。鉄クギを普通の水道水と電子水生成器で作った電子水に入れて比較した場合です。前者は錆びてしまいます。しかし後者の電子水では錆びません。飼っている犬や猫などペットの健康を考えるならば、こういった水を使用すべきだと思います。ペットの健康増進やアンチエイジングを願うならば、積極的に電子水をあげましょう。

水道水には塩素分であるカルキが含まれています。それは水が酸化してしまって腐らないようにするためです。最近の家庭では浄水器があります。浄水器を通した水はつまり酸化しやすく腐りやすい水であります。例えば冷蔵庫の製氷機で氷を作る場合は、水道水を使用すること説明書に記載されています。製氷室のように低温なところでも塩素が入っていない水は酸化するのです。

しかし、塩素はペットだけでなく人間の体にもよくありません。そこで電子水の選択になります。電子水は塩素がなくても長期間酸化しない特徴があります。酸化はマイナスの電子が離脱してしまって、電気的にはプラスの性質を持つことです。酸化してしまうことを防ぐならばマイナス電子を補給すれば良い事がわかります。これができるのが電子水生成器です。

電子水は清流が流れているころの水に戻します。若さと力があります。水道水は塩素によって消毒されます。しかし、その塩素を除去するとすぐに酸化するように体力が衰えるのです。水道水に電子をたっぷりと与えてあげると山奥の涌き水のように若々しい水になります。こんな電子水を犬や猫などペットにあげると健康になるのがご理解いただけるでしょう。