電子水と水素水の違いは何か?

保存のしやすさが電子水と水素水の違いのひとつ

近頃耳にすることに「電子水」があります。似たようなことばに水素水があります。これらはどのような違いがあるのでしょうか?今回のテーマは【電子水と水素水の違いは何か?】です。水素水は水素の含有率が高い水です。

水素水は私達の体の中の悪いものである活性酸素を減少させてくれます。アンチエイジングにも効果的です。老化現象である白髪・しみ・しわなどが改善しますから、女性は美容効果があるので水素水に飛びつきました。

酸化還元という側面で考えた場合には、水素水と同じ還元力を持つモノとして「電子水」が注目されてきました。大きく違っているのは、水素水が活性酸素を限定的に消すのですが、一方の電子水は違います。錆を取ってくれると考えればわかりやすいです。体の根本的な問題点を解決してくれます。潤滑油のように働き、私達の体の生命活動を円滑にしてくれると言えるでしょう。

水素水は保存容器で厳重に保存しないと水素が空気中に拡散してしまって効果がなくなってしまいます。ですが、電子水のほうは、それほど気にすることがありません。電子水生成器を使って水に電子をチャージするだけでいいのです。こういった使い勝手の良さがあるので「電子水」が注目されているのです。効果がほとんど同じですから、気軽に使えるほうが便利です。これからは電子水から水素水に移行してくると思われます。

いかがでしたでしょうか?電子水と水素水の違いのひとつとして保存のしやすさがあります。

コンパクトで軽くて低価格で、45分で生成できる電子水生成器MILACK21

私達の体の活性酸素を除去してくれる水として話題になっていた水素水。ですが、厳重に密封容器に入れて保存しておかないと効果がなくなるという面がありました。その点、電子水は専用の電子水生成器を使ってチャージすればできます。とっても手軽にできることで注目されています。それ以外に電子水はどういった特徴があるのでしょうか?今回は【電子水と水素水の違いは何か?】について掘り起こしてみましょう。

水素水が流行った理由として、活性酸素を除去する酸化還元力が高いことがありました。それと同等レベルの機能があるのが電子水です。美容と健康を気にする人たちがこぞって注目しはじめました。従来から電気で作る電子水生成器はありました。ですがとっても大型で、高価格でした。実際に生成するのに8時間もかかっていたのです。このために普及しませんでしたが、コンパクトで軽くて低価格で、45分で生成できる「電波」で作る電子水生成器MILACK21ができたのです。

水素水の場合は専用の保存容器に保存する必要がありました。そうしないと水素が空気中に逃げてしまうからです。水素水が良いは分かっていても、面倒でした。一方の電子水は保存を気にする必要がありません。必要なときにMILACK21を使って生成すればいいのです。

いかがでしたでしょうか?保存容器を選ぶ必要があるのか、ないのか?これが電子水と水素水の違いは何かです。「電波」で作る電子水生成器MILACK21で作った電子水の場合は水素水のようにフィルター交換をすることもありません。

電子水でミトコンドリアを増やす

「電波」で作る電子水生成器MILACK21を利用することで「電子水」が手軽にできることができます。従来の水素水と同じ効果がある水が、もっと簡単にできるようになりました。今回は【電子水と水素水の違いは何か?】についてお話します。 ここでは、効果や効能の側面から見てみましょう。 水素水は、老化や病気の原因になっている活性酸素を除去できる「活性水素」が含まれている水のことです。水素が持っている効能や効果が期待されています。 電子水は、電波によってマイナス電荷の電子を供給している水のことです。電子水は、物に不足してしまった電子を補うことができます。それによって水素水と同じように体に有害な活性酸素を除去できます。電子を持った電子水は、体の中の活性酸素のために錆びてしまった細胞の分子構造に電子を補給します。これによって正常な細胞の分子に戻ります。健康的な正常な細胞に戻ってくれるわけです。 また電子はミトコンドリアを増やすこともできます。ミトコンドリアは体の中で電子を使ってエネルギーを作り出します。ミトコンドリアが不足すると悪い細胞を排出できません。老廃物が蓄積して痩せにくいメタボになります。電子水ならば、ミトコンドリアを増やせます。さらに電子水の場合は、水の分子が細かくなります。水に含まれているカルシウムも吸収しやすくなります。 いかがでしたでしょうか?電子水と水素水の違いは何かがご理解いただけたでしょう。電子水のほうが、より一層効果的な健康体が作れるのです。まろやかで口当たりもいいです。のど越しもいいので飲みやすいです。

心臓や血管にとてもやさしい血液を作り出す電子水

健康に良い水として、水素水があります。水素水よりも便利で効果がある電子水ができました。どのように違いがあるのでしょうか?今回は【保存方法からみた電子水と水素水の違い】について迫ります。

水素水の方は保存状態が大事です。例えば瓶類やペットボトルの容器では水素が通り抜けてしまい、急速に還元力がなくなってしまいます。水素水が空気に触れていると、あっという間に拡散して効果が期待できなくなるのです。

しかしながら、多くの人たちが希望するのは、外出時の飲み物とか運動中の水分補給として飲みたいはず。そんなシーンを想像したら、一度に全部飲んだりはしません。半分程度は残しておきたいです。後で残りを飲みたい感じです。一リットルの容器ならば、一度に飲むのはキツイです。残してしまうと、容器の中に大量の空気が入ってしまう大きな欠点があります。

では、電子水の方はどうでしょうか?電子水は容器を選びませんし、長期間酸化しない水なのです。水素水と違って取扱が楽です。クラスターと呼ばれる水の分子集団が小さい特徴があります。細胞膜を浸透する水だと言えるでしょう。

私達の体に流れている血液も実は水分からできています。血液の4割は赤血球で残りの6割は血しょうです。いずれも液体で、血しょうの9割は水分です。電子水を飲むと長期間酸化しないクラスターが小さい水なので、血液も錆びにくくなります。サラサラとした血液になり体の各細胞に栄養素を十分に運んでくれます。体の老廃物を運んでくれます。心臓や血管にとてもやさしい血液を作り出すのが電子水になります。

熱に強いという面からも水素水よりも電子水

最近よく耳にするのが「電子水」です。いったいどのような水なのでしょうか?今回は【電子水と水素水の違いは何か?】について加熱時の比較の視点からまとめておきましょう。

電子水は弱アルカリ性で、健康な人のアルカリ度とほぼ同じpH7.4程度になっています。こういったことからも電子水を飲むことは身体にもやさしいと言えます。活性酸素を除去してくれる抗酸化作用は水素水と同じです。水素水のほうは、水分子の固有振動水も高いですから、エネルギーも高いです。電波の働きによって水の中に含まれているカルシウム化合物がカルシウムイオンとして溶け出します。このようにして電子水のカルシウムイオン含有率が上がるのです。

では、加熱したときに水素水と電子水はどのような違いがあるのでしょうか?
水素水が過熱されると水素と酸素が結合してしまいます。そうなると、ごく普通の水にもどってしまいます。つまり、熱に弱いのです。お風呂・炊飯・煮炊き料理などに使うことはできません。

一方の電子水はどうでしょうか?電子水を加熱したり冷やしたりすると、常温の状態よりも電子量は少なくなります。ですが、それほど極端な変化ありません。料理に使っても味が悪くなることはありません。分子が細かいから浸透性があるのです。

いかがでしたでしょうか?熱に強いという面からも水素水よりも電子水のほうがメリットがあります。電子水を作れる「電波」で作る電子水生成器MILACK21は、水や野菜・果物・魚・肉を乗せて電子をチャージするオプション「電極プレート」があります。そして、お風呂のお湯に電子をチャージする「電極フロート」もオプションで販売中です。