COLUMN

コラム

GENKI JAPANが発信しているコンテンツを掲載しております。
定期的に更新しておりますのでご閲覧いただけると幸いです。

アトピー完治と水について

アトピー完治と水について

1.アトピー(アトピー性皮膚炎)とは?

アトピー(アトピー性皮膚炎)とは、皮膚のバリア機能が低下し、体内の免疫機能がアレルギーの元となるアレルゲンに過剰に反応することによって、繰り返しひどい痒みや発疹、炎症などが起こるがアレルギー症状のことです。

厚生労働省が発表しているアトピー患者の推測値では、なんと456,000人と言われています。
参考元:アレルギー疾患の年齢別患者構成割合の比較(平成26年)

アトピーは、非常に多くの方を悩ませているのです。

2.アトピーを引き起こす3つの原因

では、そもそもアトピーは、なぜ発症するのでしょうか?
アトピーの原因は、大きく分けて次の3つが影響していると考えられます。

・活性酸素の大量発生

・腸内環境の悪化

・血流の悪化

 

2-1.活性酸素の大量発生


活性酸素は、悪い菌を攻撃するという大切な役割もありますが、増えすぎるとアトピーを引き起こす可能性があるといわれています。


この活性酸素は、体の中のミトコンドリアを増やすことで減らすことができます。

ミトコンドリアを増やす具体的な方法は、「ミトコンドリアを増やすと健康になる?年を重ねても元気で健康に過ごす方法」の記事で紹介しております。併せてご確認ください。  

2-2.腸内環境の悪化

 

腸は、私たちの健康と密接に関わっています。

免疫力を高める詳しい方法については、「免疫力を高める飲み物は?毎日継続して飲めるものをジャンル別に紹介」をご確認ください。


普段からお肉中心の食事やジャンクフードばかりを食べている方、もしくは便秘で苦しんでる方は、悪玉菌などが増え、腸管免疫が低下して腸壁が薄くなっています。そのため、食べ物をうまく吸収できず、消化しきれていないまま腸壁から体内に毒素が漏れてしまっています。

この毒素を体内が異物だと判断し、アレルギー反応が起きてしまうのです。

実際に、重症なアトピー患者の大半が、大腸粘膜に慢性的な炎症が起こっていることも明らかにされています。
参考元:【日本消化器病学会速報】 アトピー性皮膚炎患者の大腸に慢性炎症、若年者にはまれなメラノーシスも

2-3.血流の悪化

血流は、体内に必要な栄養を体の隅々まで届ける役割があります。

もし、その血流が悪化したらどうなるでしょうか?

必要な栄養分が足りなくなり、次のような症状が出てしまいます。

・肌荒れ

・シミ

・しわ

・赤ら顔

・目の下のクマ

・ニキビ、吹き出物

今回は、主に肌に焦点を当てていますが、血流が悪化すると頭痛や肩こりなども引き起こします。

肌に栄養分が足りていない状態だと、皮膚の保湿が下がり、乾燥が進行します。さらに、血流が悪いのでなかなか新しい栄養分が届かず修復されるのが遅くなります。この悪循環により、長期間肌荒れに悩まされる方も多いのです。


3.アトピーの治療に水がおすすめの理由

アトピーを引き起こす原因の3つの毒素をどのように排出すればいいのでしょう。

そこで、おすすめなのが水です。特に活性水素水がおすすめです。

活性水素水は、活性水素水生成器があれば水道水でもスイッチ一つ押せば作れます。詳細は、「水道水を使って手軽に作れる活性水素水」をご確認下さい。

ミトコンドリアは、電子をガソリンにして活動をしており、電子を含んだものを摂取すると活発に活動します。そして、私たちの体を機能させるのに必要不可欠な次の二つの活動を行っています。

1.電子でエネルギーを作り出す
2.不要な細胞(活性酸素)を壊す命令を出す
引用元:2012.3.7 ホンマでっかTV より「ミトコンドリアを大切にしないと細胞を壊される!?」

つまり、活性水素水を飲むことで不要な細胞の活性酸素を減らすことができるのです。

まとめ

いかがでしたか?

アトピーと水の関係についておわかりいただけましたでしょうか?

普段何気なく飲んでいる水ですが、体の中から改善していくことが病気を改善することに繋がります。

ぜひ、この機会に水との向き合い方をもう一度考えていただければと思います。

血流
記事一覧へ戻る
お問い合わせ・ご相談

商品のご質問やお問い合わせはこちらから。
お気軽にお問い合わせください。

商品を購入したい方

お電話でのお問い合わせはこちら。大小問わず不明点はなんでもご相談ください。

0120-533-385

※平日8:30~17:30(土日祝お休み)