COLUMN

コラム

GENKI JAPANが発信しているコンテンツを掲載しております。
定期的に更新しておりますのでご閲覧いただけると幸いです。

癌に効く水とは?

バランスのとれた水

水によって結晶の形は様々です。綺麗な六角形の結晶はバランスの取れた水と言われています。

では癌と水はどのような関係があるのでしょうか?

気になりますよね。毎日体に直接取り入れるものですからできるだけ悪いものは摂取しないでいたいものです。

では、どのような関係があるのかご説明していきたいと思います。

  

現代医学も認める、血液を浄化することが癌に効く方法

十分に唾液が出るまでよくかむ

全国で25万人近くが癌治療で「亡くなられている」事実

現在ガンの死者は年に31万人といわれています。ところが何人もの専門医が「その7,8割は、実は抗がん剤や放射線治療法などで亡くなられている」と断言しています。

現代の日本では身内がガンと診断されたら、まちがいなく病院で抗がん剤、放射線療法、手術・・・・の治療を強制的に施される。これらをガンの三大療法と呼ばれています。ところが実はガン患者の25万人近くがガンではなくこれらの三大療法によって亡くなられていりといわれています。

「抗がん剤ではガンは治せない・・・」これは厚生省の担当者の回答です。「抗がん剤には発がん性があります。」癌患者に投与すれば「ほかの場所にも発がんする。」つまり抗がん剤は「増ガン剤」であることも認めらています。

普段の生活からガンを予防する

日常的に使用している水道水にはトリハロメタンやトリクロロエチレンなどの発がん物質が含まれています。アメリカでは、トリハロメタロンの入った水道水を飲んでいる者は、井戸水を飲料水としている人より腸・膀胱ガンの発生率が15%も高いことが分かっています。

このように普段の生活で使用する水に気を付けることがとても大切だと言われています。皆さんもこの機会に是非、活性水素水を取り入れてみましょう。

記事一覧へ戻る
お問い合わせ・ご相談

商品のご質問やお問い合わせはこちらから。
お気軽にお問い合わせください。

商品を購入したい方

お電話でのお問い合わせはこちら。大小問わず不明点はなんでもご相談ください。

0120-533-385

※平日8:30~17:30(土日祝お休み)