電子水は浄水器の水にはない「安心」がある

電子水と浄水器で作る水の違いは分子構造

電子水や浄水器を購入する前に知っておきたい“水の分子構造の大きさ”についてお伝えします。

「水に大きいも小さいもあるの?」と疑問を抱いている方もいらっしゃると思いますが、同じ水でも種類によって“分子構造”の大きさは異なります。水(H2O)は、酸素(O2)と水素(H2)が結合して分子を作っています。その分子同士が結合し、集団となったものを「分子構造」と言います。分子構造の大きさにより「分子構造が大きい水」と「分子構造が小さい水」とに分けられるのです。

一般的に、私たちの身近にある水道水や浄水器は大きな水、電子水は小さな水となります。

電子水の違い

“小さな水”は活用法も多く、吸収力抜群でおすすめ!

電子水活用

GENKI JAPANでは、“小さな水”つまり電子水をおすすめしています。

水は酸素や栄養素、老廃物などを運んだり体温調節をしたりと、体内でも重要な役割を担っているため欠かせないものです。そんな水を効率よく取り込むためには、電子水がおすすめなのです。分子構造が小さな電子水は、浸透力が高く細胞の隅々にまで入り込むことができます。

また、安全ということでも知られており、小さなお子様から大人まで安心して飲むことができるというのも大きな魅力です。

 

状況によって水は腐る!?

電子水は安心

マイボトルやペットボトルに浄水器の水を入れて持ち歩く方、ミネラルウォーターを冷蔵庫に常備している方、水は状況によって酸化、つまり“腐る”ことをご存知でしょうか。

「無機質なのに?」と不思議に思われるかもしれませんが、水を腐らせてしまう原因は微生物や細菌、タンパク質といった不純物にあるようです。例えば、浄水器で水道水をろ過すると、塩素が取り除かれて殺菌作用を失ってしまいます。すると、空気中を漂う微生物や細菌が水に入り込んで繁殖してしまうため、水は腐ってしまうのです。

これは、製氷機の取扱説明書にある“使用に関する注意書き”でも説明されており、雑菌やカビは製氷機のような低温の場所でも繁殖してしまいます。ただし、湧き水や地下水といった流動している水は、有機物の分解・電子の循環が行われているため腐りにくくなっています。

電子水は浄水器では得られない安心がある

電子水は浄水器を通した水と違い、失われたマイナスの性質「電子」をバランス良く含むため酸化しにくく、安心して飲める水です。

電波によってマイナスの電子が補給された電子水は、酸化還元できる水ですので、電気的にバランスのとれた自然で安定した状態を作り、プラスに傾いた身体の酸化を防いでくれます。そのため、野菜や果物、切り花に電子水を与えるとエネルギーが高められ、シャキッと元気になるのです。

電子水を飲んで体内から水を浸透させる以外にも、お風呂やスキンケアなどに用いて体外から浸透させるなど活用法も多いので、健康や美容を意識している方は日常生活に電子水を取り入れてみてはいかかでしょうか。サイトにはおすすめの活用法を載せておりますので、もっと身近に電子水を取り入れませんか。

 

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから