電子水生成器とは?使用する3つのメリットとその使い方

はじめに

電子水生成器は値段が高いけど、実際にそれだけの価値があるのかと疑問を持たれていませんか?

正直、普通の水との違いもあまりわからないし、浄水器などの方がいいのではないかと思っている方も多いと思います。

しかし、そのように思われるのは電子水生成器を販売している会社が非常に少なく、それらの情報があまりネットにないからです。そのため、多くの方が不安になってしまうのです。

そこでこの記事では、初心者の方でもわかるように電子水生成器がどのようなものなのか、そして、それを使用することによってどんなメリットがあるのかについて説明していきたいと思います。

ちなみに、そもそも電子水の効能についてあまりご存じない方は、まず、「電子水の効果・効能に関して」 をご確認されることをオススメします。

それでは、早速見ていきましょう!

1.電子水生成器とは?

まず、多くの方が抱いているであろう「電子水生成器とは何なのか?」という疑問について説明していきます。

電子水生成器とは、簡単に説明すると、水に電子を与える機器のことです。

具体的には、水に電波を送ることで水にマイナスの電子を供給し、それにより電子水を生成する仕組みになっています。

昔は、大きなボトルに水道水を入れて、そこに備長炭も一緒に入れてから電気を通すことで電子水を作るという商品もありました。しかし、最近では、電気を通す板の上にペットボトルの水を置いて電子水を作る商品が主流になっています。

価格は、一般的には10万円~20万円はします。

そのため、比較的高額な商品です。しかし、電子水は若返りの水とも言われており、健康志向の方に注目されています。

若返り効果については、ここで触れると長くなってしまいますので、ご興味がある方は「老化防止に効果がある飲み物が判明!健康で長生きしたければこれを飲め」をご確認ください。

2.高血圧とは?電子水生成期を使用する3つのメリット

では、高い値段を払ってまで電子水生成器を購入する理由はなんでしょうか?

ここでは、その疑問を下記の3つに分けて紹介していきます。

  • 長期的に考えるとコストが安い
  • 水以外にも使える
  • 誰でも簡単に使える

ここでの内容を知っておくことで、電子水生成器を深く理解することができますよ。

では、1つずつ見ていきましょう!

2-1.長期的に考えるとコストが安い

まず、第一に注目すべきはコスト面です。

多くの方にとって、費用は可能な限り安くしたいですよね。

では、電子水生成器を使用することがどれくらい費用の削減に繋がるのかを見ていきましょう。

仮に、今、あなたが健康のために市販のミネラルウォーターを定期的に購入しているとします。実際に以前の私もこれと同じでした。実際に、このような方は多いと思います。

どのブランドの商品かによって異なりますが、仮に2リットルのペットボトル1本100円の商品を買っているとしましょう。

1日に必要な水分量は、いろいろな説がありますが、私たちが生活している中で排出される水分量が約2.5リットルと言われているので、2~3リットルは必要です。

そのため、毎日2リットルの水を1本飲む必要があるため、1ヶ月で約3,000円。そして、それを1年間続けると36,000円になります。

これを長期間続けると、下記のようになります。

  • 3年間 108,000円
  • 5年間 180,000円
  • 10年間 360,000円
  • 20年間 720,000円
  • 30年間 1,080,000円

たった100円でも30年間続けると、100万円以上の出費になるのです。

今まで何気なく購入していた水もこのように計算してみると恐ろしいですよね!私たちは水に対して思いの外、費用をかけているのです。

それに加えて、電子水は長期間使用することで健康への効果が出てきます。

なぜなら、我々の体内の水は、約2週間で入れ替わると言われているからです。そのため、ある程度、継続して飲む必要があります。

これらのことを考慮すると、自分で健康な水を生成する機器を購入したほうが安上がりなのは明白ですよね。実際に、電子水生成器で電子水を作る際にかかる費用はたった1円~2円なのでほとんど費用はかからないのです。

さらに、費用の削減ももちろんのこと、スーパーなどで毎回買う手間が省けるので、時間の削減にもなります。

つまり、電子水生成器を1つ持ってるだけで、測り知れないくらいコストパフォーマンスが良くなるのです。

2-2.水以外にも使える

電子水生成器に興味を持っている方に朗報です!

実は、電子水生成器は、水以外にも様々なものに使用できます。

「そんなはずがない!」と疑問に思われる方もいるかもしれません。しかし、電子水生成器は、冒頭にお伝えした通り、水に電子を与える機器です。この時に、水が電子に反応することで水の分子が細かくなります。これにより、分子が小さくて体内に吸収されやすくなったり、飲み心地が滑らかになったりします。

何が言いたいかというと、水分を含んでいるものであれば、このように電子が反応して様々な効果を生んでくれるのです。

例えば、野菜の場合は、ボールに電子水を入れてつけておくだけで酸化を防ぎ、野菜本来の瑞々しさを得ることができます。また、果物の場合は、甘みが増します。そして、お米の場合は、見た目にはツヤが出て、味に甘みが出ます。

食べ物以外にも、花の水に電子水を使用することで花持ちをよくする効果もあるのです。

さらに、財団法人日本医療食協会付属研究所・食品検査センターが行なった興味深い実験があります。

それは、商業施設の高架飲料水タンクの水と電子水を2か月放置すると細菌数にどのような変化があるのかを調べました。その結果、なんと、細菌数は前者が5600/ml、後者の電子水が30以下/mlでした。

つまり、電子水の細菌数は、架飲料水タンクの水に比べて200分の1近く下回ることが判明したのです。別の施設で調査した場合も、前者が1200/ml、電子水が30以下/mlと40分の1程度になりました。

従って、電子水は細菌を抑える効果があり、災害時の非常用飲料水にも非常にオススメなのです!

2-3.誰でも簡単に使える

最後に紹介したいのが、誰でも簡単に使えるということです。

実際、この前に70歳くらいのおばあちゃんの方から問い合わせがあり、弊社の電子水生成器を購入していただきしましたが、その方は、何不自由なく電子水生成器を使用していただいています。

今まで電子水生成器の使い方がわからないと言われたことがないので、きっと誰でも簡単に使用できますよ!

さらに、忙しい主婦の方にも好評をいただいています。

なぜなら、水を機器の上に乗せて、ボタンを押すだけで電子水が作れるため、子育てやお掃除、お買い物の合間の時間を有効活用できるからです。

では、実際にどれくらい簡単にできるのか、見てみましょう!

3.誰でも使える電子水生成器の使い方 3STEP

ここでは、電子水生成器をどのように使用するのか、弊社の商品の使い方を次の3ステップに分けて説明していきたいと思います。

  • STEP1 水を用意する
  • STEP2 電源を入れる
  • STEP3 45分待つだけ

他社で販売している商品も大体の使用方法は同じですので、ぜひ、参考にしていただければと思います。

驚くくらい簡単に作れますよ!!

STEP1 水を用意する

まずは、水を用意します。

この時の水は、水道水で全然問題ありません。また、スーパーやコンビニなどで購入したミネラルウォーターなどでも大丈夫ですよ。

水だけに限らず、お茶などでも問題ありません。

つまり、電子を与えたい液体を用意すれば、初めの準備は完了です。

ただし、ここで一点だけ注意があります。

あまりにデカすぎるものを用意してしまうと、機器の上に載らずに、電子をしっかり与えることができないので、機器の上に載る大きさのものにしましょう!

STEP2 電源を入れる

次に、電子水生成器をコンセントと繋ぎ、機器本体のスイッチを押して電源を入れます。

STEP2は、たったそれだけで大丈夫です!

非常に簡単なので、年配の方でも安心してご使用していただいているのも納得ですよね。

STEP3 45分待つだけ

最後に、スイッチを押した後は、ただただ電子水が出来るまで待ちましょう。

弊社の場合は、2リットルのペットボトルだと約45分で電子水になります。他社の製品によっては多少差があると思いますので、ご注意ください。

以上の3STEPで電子水が完成です!

たったこれだけの操作で出来るなんて、非常に簡単ですよね。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事で、電子水生成器について少しはおわかりいただけたと思います。また、弊社の電子水生成器の商品ページにも様々な説明を記載しておりますので「SUPER MILACK21〈スーパーミラック21〉」をご確認いただければと思います。

何かわからないことがございましたら、お気軽に「お問い合わせフォーム」からご連絡いただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから