便秘には水が効く?便秘の原因は水分不足だった!

はじめに

  • 「ここ何日も出していない」
  • 「おなかが張って苦しい」

など、便秘でお悩みの方は多いですよね。

実際に厚生労働省の国民生活基礎調査によると、人口千人に対して

  • 男性:24.5人
  • 女性:45.7人

参考元:平成 28 年 国民生活基礎調査の概況

も便秘の方がいるそうです。

総務省統計局によると、平成28年度時点の人口が

  • 男性:61,766千人
  • 女性:65,167千人

参考元:人口推計(平成28年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

ですので、この数字と先ほどの国民生活基礎調査を基に便秘の人数を算出すると

  • 男性:約151万
  • 女性:約298万

も便秘の方がいることになります。

つまり、男女併せて日本に約450万人もの便秘の方がいるのです。

便秘で苦しんでいる方は、その日の気分まで少し下がってしまい辛いですよね。

ぜひ、この記事を読んで一人でも多くの方が便秘を少しでも解消し、毎日幸せに過ごしていただければと思います。

1.便秘とは?

便秘とは、便の水分が足りずに硬くなったり、腸内環境の影響で排便を行うのが困難な状態のことです。

一般的には、排便の回数が少ないことを便秘といいます。

ただし、回数が多くても少ししか出ない人もいると思います。その人は、出してもすっきりせずに、おなかの張りが気になる場合もあり便秘の方と同じ症状になると思います。

つまり、健康な人の便は、

  • 量:太くて長いが最も良い。
  • 色:明るい茶色から暗い茶色だと健康。黒や赤の場合は、病気の可能性があり。
  • 形:バナナのような形が理想。ウサギの糞のような小さいコロコロしたものや水っぽいのはダメ。

の三拍子が揃っていることが大切です。

そのため、ただ単に回数だけではなく、この三拍子が揃っているかどうかで便秘かどうかを判断することをおすすめします。

ちなみに、一般的に週に3回程度排便を行い、おなかの張りなどがなければ健康的だといわれています。この数値を参考に自分の状態を確認していただければと思います。

2.便秘の種類

ここでは、数ある便秘の種類の中から特に多くの方に当てはまる次の3つの種類について紹介します。

  • 弛緩性便秘
  • 痙攣性便秘
  • 直腸便秘

では、1つずつ説明をしていきます。

2-1.弛緩性便秘

大腸は、胃や小腸で消化してきた食べ物の残りかすをうんちの形にしていきます。

そのさいに、蠕動(ぜんどう)運動と呼ばれる運動を行います。

聞いたことがない方も多いと思いますが、非常に簡単ですのでご安心ください。

これは、ミミズが体をくねくねしながら這い進むように大腸の中にある食べ物の残りかすを徐々に肛門までもっていき、排便を促す運動です。

健康な大腸であれば、この動きが正常に行われますが、高齢者やデスクワークばかりしている人は、この蠕動運動が弱り、なかなか便が運ばれずに便秘になってしまいます。

この症状を弛緩性便秘といい、運動不足の方によく起こります。

2-2.痙攣性便秘

痙攣性便秘も、先ほどの弛緩性便秘で説明した蠕動運動が関係している便秘です。

これは、仕事上の過度のストレスなどで腸が痙攣し、蠕動運動が激しくなります。それにより、排便まで時間がかかってしまう症状です。

例えば、同じ距離を走る時に、東京の舗装された道路を走っている人とアフリカの舗装されていない砂漠道を走っている人ではどちらの方が早く目的地に着きますか?

もちろん東京の道路を走っている人の方が早くたどり着きますよね。

それと同じで、腸が痙攣してスムーズに進まないので、なかなか排便までいかないのです。

腸は繊細なので、過度のストレスも便秘に影響しているのです。

2-3.直腸便秘

  • 「仕事が忙しすぎてトイレに行く時間がない」
  • 「恥ずかしくてトイレに行けない」
  • 「家のトイレじゃないとできない」

という方も多いのではないでしょうか?

しかし、これらの行為を繰り返していると、肛門の手前の直腸までうんちが来ている状態(=便意がある状態)にも拘わらず、我慢してしまっていることになります。

そして、便意が鈍ってしまい便秘になってしまうのです。

この直腸便秘は、恥ずかしがり屋の女性の方に多い傾向があります。

一時の我慢が体に悪影響を及ぼしてしまいます。便意を催したら我慢せずにトイレに行きましょう。

3.便秘により起こる可能性がある症状

便秘は、体に深刻な症状が出ないからといってそのまま放っておくのはいけません。

なぜなら、便秘による合併症により、深刻な症状が起こる可能性があるからです。

下記が、その一部を紹介します。

  • 裂肛:便秘のため便意を催すと気張ってしまい、肛門の皮膚がさけてしまうこと。一般的に切れ痔といわれます。
  • 脱肛:排便の時に勢いよく気張ることなどで、粘膜が外に出てしまうこと。
  • 直腸がん:便秘が続いたり、血便が出る場合は、最悪「直腸がん」の可能性があります。

ここで紹介した症状は、あくまでほんの一部です。

しかし、便秘が続くということは、本来排便するはずの体に不要なものが体に溜まっている状態です。

そんな状態では、体に良いわけがありませんよね。

実際に、便秘により、悪玉菌が発がん性物質を作り出してがんの可能性が上がるともいわれています。

そのため、便秘かもと思ったらひどくなる前に対策を行うことが必要です。

4.水で便秘改善する方法

一度は、1日2リットルの水分を飲むことが、健康に良いと聞いたことはありませんか?

それは、私たちの体が一日に約2リットルの水分を排出しているからです。そのため、毎日約2リットルの水分を補給することが大切なのです。

そして、実は、この水分補給をしっかりすることが便秘にも効果的なのです。

なぜなら、快便の方は、排出する量の水分と同じくらい水分を取っている場合が多く傾向にあります。

しかし、便秘の方は、水分が足りていない場合が多いからです。水分が足りていないと、便が乾いてしまい大腸をスムーズに進めなくなり、それが溜まっていき便秘になるのです。

だから、水分を摂取することが、便秘改善になると言えるのです。

たくさん水を飲むことも大切なのですが、朝起きた時にコップ一杯の水を一気に飲むと胃に刺激が生き、腸の活動を活発にしてくれます。

また、そのさいの水に電子水がおすすめです。

電子水は、体内と水分と同じ弱アルカリ性の電子をたくさん含んだ水です。

体内と同じ成分なので、他の水よりも体に吸収しやすいですよ。

さらに、電子水は体の中のエネルギーを作り出すミトコンドリアの原動力である電子をたくさん含んでいます。

ミトコンドリアが少なくなると、便秘になるともいわれているので、電子水を飲み、ミトコンドリアを活発にすることがより便秘改善に繋がるのです。

下記に、実際に弊社の商品をご利用いただいた方からいただいたレビューの中からその一部を紹介します。

「水素水」については睡眠の質の改善を実感できたのに対し、「電子水」については肌質の改善や便秘の改善を実感できました。普段は2~3日に1回程度の便通だったのですが、「電子水」を飲むようになってからは1日に多くて2回も便意を催すようになりました。便秘で悩んでいただけに、この効果は大変有難かったです。(30代 男性)

到着して毎日、朝一杯、夜寝る前にコップ一杯飲んで寝てます。飲み始めて翌日からバナナの便がスルッとでるようになりました。ほんと驚きです。私、すっごく頑固な便秘症でして。。。薬に頼る程の便秘症なんです。それが毎日今の所でてますよ。この電子水のおかげのはずです。(30代 女性)

まとめ

いかがでしたか?

便秘には、私たちが排出する以上に水分をしっかり摂ることが大切です!

水分不足が原因で、便秘が治る場合も多いのです。

しかし、便秘の症状がひどいときは、無理せずに病院で診断してもらいましょう。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから