水がもたらす健康効果とは!?

1.水と人の体の関係は

人間の体はほとんどが水で構成されています。細胞の中や血液など、あらゆるところにあります。水分が不足すると、体温調節ができなくなったり、血液の流れが悪くなったりなど、様々な悪影響があらわれてしまうのです。水は体内のあらゆるところで機能するために使われています。そのため、水は毎日摂取する必要があります。人間の体は水分を摂取しないと4~5日しか生命を維持出来ないと言われています。

献血の後に水分を取るように言われますよね。献血によって水分が約2%失われるだけでも食欲不振や頭痛が起こることもあるのです。健康を維持するためには、水を飲むことが非常に重要と言えます。

身体における水の役割は下記の3つになります。

  1. ①血液を流す
  2. ②尿を流す
  3. ③汗を流す

血液は、体の隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運んでいます。それと同時に老廃物や過剰な物質を運び出し、体外に排出するとういう役割をしています。血液の半分以上が血しょうになります。血しょうの90%は水分です。血しょうの中の様々な成分は血しょうに含まれる水分によって運ばれています。この水は生体水と呼ばれています。体内には飲食から得た水分を体内で有効に使うための水に変化させる機能があり、生体水はこの機能によって作られています。体内の血液は腎臓を通過して老廃物が除去されています。腎臓は血液中の不要なものをたくさんの水とともにろ過しています。その水の量はなんと1日に170~180ℓもの水が使われています。ろ過された後は必要なものと水分に分けられて、また体に吸収され、不要なものは水分と一緒に尿として排出されます。腎臓は体内の水分調節の役割もあり、水分補給が少ないと尿を濃くし水の排出を減らします。水分を多く摂取した時には尿の量を増やして余分な水分を排出し体内の水分調整をしています。体内の水は体温の調整をしています。汗をかけば蒸発するときに熱を奪い皮膚の表面温度を下げます。気温の上昇する夏や運動して体温が上がるときにそのようにして体温の上昇を防いでいます。

 

成人の場合には、1日に2~2.5Lの水が必要とされています。赤ちゃんは体重の75~80%が水分です。その後、徐々に細胞が増え、成長とともに体内の水分量も減少します。しかし、小さなお子様は動きが活発で、体内の水分の出入りが多いです。特に下痢になると脱水症状を起こしてしまうこともあります。赤ちゃんは細胞内水が45%、細胞外水が55%であり細胞外水の方が多いです。これは赤ちゃんのの成長が早く多くのエネルギーを必要としているからです。多くのエネルギーを使うために体内で自由に使える水がたくさん必要なのです。それが細胞外水なのです。お年寄りになると水分量が年齢とともに50%ぐらいまで減少します。肌は保水力が低下し、水分が失われても感じにくくなり、のどの渇きに気づきにくいことがあります。体から失われる水分量が増えていくので脱水の危険が高くなっていきます。赤茶ちゃんや小さなお子様お年寄りは早めの水分補給が必要となります。

水は小腸付近の細胞で吸収されています。水を吸収するのには、1L当たり約18キロカロリーのエネルギーを消費しています。水が体内に吸収されるのも数時間かかります。ご年配の方で水を飲むことが出来なくなっている方がいらっしゃいます。それは水を吸収するときにエネルギーを消費するので、体力が落ちているご年配の方には体力の消耗になってしまうからです。のど越しのいい、細胞に行き渡るいい水を飲むことが大切です。

 

2.超波動水の結晶画像

 

上記の氷の結晶画像がありますが、こちらは超波動水の結晶画像になります。OFFICE MASARU EMOTOで撮影されたものです。

超波動水をシャーレに適量を滴下し一度に氷結させて撮影しています。水によって得られる結晶の形態は千差万別のものとなっています。

ミネラル分を適度にバランスよく含んだ有害物質を含まない水でエネルギー的にエネルギーの良い水は、整った六角形の結晶を創りやすいことが分かっているそうです。美しい自然の残った土地から湧き出る自然の水はより整った良い結晶が創られるという事になります。

最近の研究では水に物質を添加せずに、波動(音波、電磁波、共鳴磁場、気などの生体エネルギー)だけを作用させた後で水を氷結させると、作用させなかったもの結晶の形態が大きく異なることが判明しました。つまり、水が物質的な影響にのみならず、エネルギーによっての結晶を変化させることから、結晶から水中に融解している種々の物質の影響とエネルギーの影響の両面が評価できるものと考えております。

3.水を飲むことで得られる効果

水で得られる効果としては下記のようなものがあります。

①疲労回復

適度に水分を取ると体内の酸素や栄養素が体に行き渡り、疲れにくくなります。不足すると酸素や栄養素が上手く運ばれず疲れやすくなります。水をこまめに飲むと血流を良くなり、疲労回復を促します。

②便秘の解消

水分が不足すると便秘の原因となることがあります。水分不足が便を固くしてしまう原因となってしまします。だからと言って大量に摂取すると尿として排出されてしまうのでご注意ください。

③むくみの解消

むくんでいると水分摂取が多いと思われがちですが、水分不足は体内の血液やリンパ液の流れがスムーズにできてないときに起こりやすいです。スムーズに循環させるためにも適度に水を飲みましょう。むくみの解消を促します。

④ダイエットや美肌効果

水を飲むと老廃物の排泄がスムーズになり、むくみや便秘が解消されていきます。そのためダイエットにも効果があると言われています。また新陳代謝が活発になることで美肌効果があると言われています。

⑤ストレスの解消

水に含まれるカルシウムやマグネシウムといった成分にリラックス効果があるそうです。また水を飲んで副交感神経を刺激し、自律神経のバランスを整えることも出来ると言われています。

 

4.水の効果的な飲み方

では効果的な飲み方はどんな飲み方になるか気になりますよね。

コップ一杯 200ccぐらいを一日に8~10回くらいに分けて飲むといいです。

のどが渇いてからに飲むのではなく1日に飲む量を決めて水を摂取してください。

 

水を飲むタイミングは下記の時間がおすすめです。

  1. 寝起き
  2. 食前
  3. 運動した後
  4. サウナや入浴の前
  5. 寝る前

上記以外の時間でも水を摂取されると様々な効果があります。体に負担をかけないようにある程度時間をおいて飲まれるといいですね。適量の水を飲むと一時的に体温は下がります。それ以上に体は下がった体温を上げようとするので血液の流れをよくして体温をあげようとします。体温が上がれば代謝がよくなり、体内エネルギー消費量が高くなります。体温が1℃下がると基礎代謝は12%下がります。そうすると免疫力が37%も低下してしまいます。基礎代謝は脂肪の燃焼に大きくかかわっています。水を飲んで体温を上げることが出来れば、脂肪が燃焼しやすくなるので水を飲めば飲むほど痩せやすい体質になっていきますね。老廃物の排出にも水分が必要です。老廃物をためないためにも水分を十分にとって血液の循環を良くし、体内の古い水分や毒素を排出しましょう。と言っても飲みすぎには注意です。一回での大量摂取は腎臓に負担をかけてしまいます。冷たすぎる水も体が冷えてしまう原因なってしまうで水の温度にも気を付けてください。出来れば常温で飲まれたほうが体に負担が少ないですね。冷たい水は吸収スピードが早いのですが、体の負担が大きいです。冷たいいものを取りすぎると体が冷えてしまいますのでお気を付けください。

のどが渇いたと感じられているときはかなり水分不足な状態になっています。脱水状態になっていると主に筋肉や皮膚から水分を出して水を補おうとしてのどが渇いたと感じられます。この状態で水をのむと摂取した水分で血液の浸透圧下がります。そうすると細胞の内外の浸透圧に差が出ます。そのために浸透圧が一定ラインに達すると脳は水を飲むことをストップする指令を出してしまうのです。脱水状態が進んでいくと細胞内液からも脱水になっていきます。細胞内液の回復を促すのに電子水はお勧めです。

 

5.水と健康とミトコンドリア

水が健康にとって不可欠ということをお伝えしましたが、健康でいられるかどうかは、ミトコンドリアも関係しています。

ミトコンドリアの量によって健康が左右されてしまうのです。私たちの体にとってミトコンドリアは重要な働きをしています。

ミトコンドリアは、ほぼすべての細胞に存在しています。 細胞のエネルギーを生産しているのです。細胞のエネルギーの約95%はミトコンドリアによってつくられています。ミトコンドリアが、エネルギーを作り出す時に電子が必要になります。ミトコンドリアは、電子をエネルギー源にして、不要な細胞を壊す命令を出しています。この活動が正常に行われることにより、健康に生活することができるのです。活性酸素が健康に良くないという事を耳にされることも多いかと思います。活性酸素は、体内でミトコンドリアや種々の酵素反応で産生されます。電子が不足してしまうと本来体を守る働きをするミトコンドリアが細胞を壊す命令を出し、活性酸素を増やして細胞を傷つけ、ミトコンドリア自体も傷ついてしますという結果に繋がります。では、不足している電子をどのように補うかという事になりますよね。

電子をチャージした水を飲んでいただくと、足りない電子を体内に取り入れることが出来ます。ミトコンドリアが活動するのに必要なで電子が取り込まれるので、ミトコンドリアが必要としている電子をエネルギーにしてミトコンドリアを活性化させることが出来ます。ミトコンドリアが活性化するとミトコンドリアは正常に働くことが出来るようになります。電子をチャージされた水を飲むとミトコンドリアを活性化させて健康を促すことができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一度にまとめて水を大量摂取できないように私たちの体は作られています。

体の細胞に行き届くようにこまめに水を摂取して健康を保ちましょう。電子水は浸透性が高いので体に吸収されやすく体の細胞のすみずみに水分が行き渡ります。「いい水を飲みたい」とお考えの方は、電子水をすすめ致します。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから