氷の結晶について


超波動電子水の結晶

 

*水の氷結結晶について 1・・・成長のメカニズム(仮説)

雪や氷の結晶が六角形を基本とする構造であることは一般によく知られています。これは、水分子が結晶を形成する場合、その最小単位が六個の水分子が集合した六角形の構造にあたるためと考えられます。

雪の場合には約10ミクロンの六角形の氷の粒(氷晶)が雪雲の中で形成され、地上に舞い降りてくる間に成長して、美しい模様を創り上げていきます。空中を漂いながら、周りの水蒸気を取り込んで成長し、対称性の高い単一核の結晶をつくる際に、氷晶の六角形は“類は友を呼ぶ”という波動の共鳴原理に基づいて、成長するようです。

雪の結晶の成長の場合には、気相(水蒸気)と固相(氷晶)のみ関与していますが、本実験の水の氷結結晶の場合、試料水の急冷により試料の登頂部分に生じた微少な氷塊が、雪の結晶の種“氷晶”の役割を果たしています。

シャーレをマイナス25度の冷凍庫の中から、観察場所であるマイナス3度の部屋に移して、この氷塊が融解します。同時に、その部屋の温度、湿度、気圧環境で不安定な結晶の形を作り出すために、気化した一部の水蒸気が再結晶化して、結晶に取り込まれます。一端、融解した氷が再結晶してゆくプロセスがビデオ撮影による映像から判明しました。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから