いざというときのために!水の備蓄はされていますか?

毎日の生活に必要不可欠な水

日本は水の豊かな国ですよね。だから、水はいつでも飲める、いつでも使えると思ってしまっているようなところはありませんか?水は私たちの生活になくてはならないものです。顔や手を洗う、歯磨き、毎日の食事のために料理する、掃除、洗濯、お風呂、トイレなど水を使わないでいるという日はありません。水が使えなくなったら大変です。台風や地震などの自然災害や感染症拡大が起こった時に水が供給できない事態になった場合に備蓄があれば安心です。災害が起こると今までの生活とは想定外のことがたくさん発生します。以前は3日分ほどあれば大丈夫といわれていましたが、最近では1~2週間以上の備蓄があったほうがいいと言われています。普段からいざという時の為に備えは必要です。備蓄を持つという事は自分の為と思われるかもしれませんが、備蓄があれば不足してみんなに必要なものが行きと渡らないという事態をすこしでも避けることが出来ます。災害時は皆さんが不安になりやすい状況に陥ってしまいます。備蓄をしておくことは混乱をさけるためにも必要です。是非、ご自分の為にまた周囲の皆さんにためになりますので備蓄をしておかれることをお勧めします。また水の供給が難しくなると水の摂取を控える方もいらっしゃるかもしれません。そうすると健康にも害を及ぼすことも考えられます。災害時、緊急時に給水車で給水が行われますが、汲み置きした水を時間がたってから使うのは衛生面で心配になりますよね。このようなことを考えると安心して飲める飲用水を普段から備蓄しておくことが大切です。

そこで水の備蓄はどれくらいしたらいいのかという事になりますが、一人当た1日り3ℓは必要だそうです。水は3ℓを最低3日分備蓄しておくといいそうです。可能であれば一週間ぐらい用意されるとより安心でいいですね。災害があってからではなく、日頃から何か起きたときに備えておくことが大切です。災害が起こった時に落ち着いて行動できるように水を備蓄しておきましょう。非常時はパニックなりやすくいつものような行動が出来ない可能もあります。でも、水って長期保存出来るのかどうか心配になりますよね。電子水は水道水に比べて細菌が繁殖しにくいというデータが出ております。

水を備蓄しておきましょう!

台風、地震、水害などの災害時や緊急時には、普段、私たちが当たり前のように使っているものが使えなくなるという状況になることを想定しておいた方がいいでしょう。なかでも、水が手に入らない状況は死活問題です。水が確保が出来ていれば少しでも安心できると思います。いざという時にパニックになったり、不安になるような要素は備蓄によって減らせます。日頃から備えておかれるといざという時に安心できますので是非備蓄されることをお勧めします。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから