熱中症対策には水を取ることが重要!

まずは暑さに慣れることが重要

毎年暑くなる季節に話題となる熱中症。年々、熱中症を予防する為の情報や対策グッズなどが話題になります。そもそも熱中症は梅雨明けの7月末から気温が上昇する時期から始まります。特に気温の上がり始めで体が暑さに慣れていない時期は、熱中症によって病院へ運ばれる人や亡くなる方が急増します。

人間の体は体温の上昇を抑える為に汗をかくことにより体温を調節しています。気温が高くなり始めてから1週間ほどで、汗をかく習慣ができ熱中症にならないように体がコントロールできるようになります。しかし暑くなり初めの時期は体がすんなり対応ができない為、梅雨明けに突然気温が上がった日などは熱中症になりやすいのです。

熱中症はこうして予防する

外出時はなるべく日差しを避けましょう。 日差しを多く受けることで汗をたくさんかくことで、体内の水分が消耗費し結果、水分不足となり熱中症が発生します。日差しが強い日に外出する際はできる限り日陰を選び、帽子をかぶったり、日傘をさすことにより熱中症から身体を守りましょう。

また、服装にも十分注意が必要です。熱気や汗を逃がしやすくする為、襟袖や袖口が広い通気性のよい服を選びましょう。素材は吸水性が優れている為、綿などの素材を選ぶようにしましょう。黒い服は熱を吸収しやすく熱気がこもりやすくなる為、できる限り避けることが重要です。

水分補給と塩分の接種も非常に大切です。暑いと感じるようになったら、毎日こまめに水分補給を行い熱中症を予防しましょう。人間の汗は水分と塩分でから成り立っており、汗をかくことでこれらが不足し熱中症を招きます。汗をかいたら水分だけでなく、塩あめや梅干しなどで、塩分を一緒に摂取することが非常に重要です。 また、水分補給には吸収力に優れた電子水を使用しましょう。電子水を使用することで必要塩分などの吸収力が上がっていくため万全な熱中症対策を行えます。

扇風機やエアコンを効率よく使用して予防する

熱中症は暑い外出時だけでなく家の中で過ごしている際でも発生します。電気代を節約しようと心がけるあまり、部屋の温度がぐんぐん上昇し熱中症で亡くなってしまうケースもあります。また、家の中の場合は温度の上昇以外にも部屋の湿度が高くなることで熱中症にかかるリスクが高まります。

エアコンの温度設定は28度以上にならないように設定します。あわせて部屋の湿度を50%以下になるように心がけ、エアコンと同時に扇風機を併用上手に活用することで部屋の温度と湿度の調整を心がけましょう。

 

 

 

1日に必要な水分量は?

私たち人間の体の約60%は水分でできていますが、それは年齢や性別によって異なります。つまり、年齢や性別によって、1日に必要な水分量も異なるということです。

また、スポーツをされている場合や汗をかきやすい夏場など、生活スタイルや季節によっても必要な水分量は変わってきます。

厚生労働省では、「健康のため水を飲もう講座」の中で、成人の場合は1日2.5リットルの水分を補給しなければならないと言っています。ただ、体内で循環している水分や食事で摂取する水分もありますので、1日2.5リットル飲まなければいけないということではありません。

電子水の摂取量

水分を摂取しなければならない理由

電子水の摂取

 

電子水など水への関心が高まり、毎日摂取する水分量にも気をつける方が増えています。

人は水分不足になってしまうと脱水や頭痛、吐き気といった不調を招き、さらには乾燥や吹き出物といった肌トラブルも招いてしまいます。こういったトラブルを防ぐためにも、1日に必要な水分をしっかりと摂取することは大切なことなのです。

電子水の嬉しい特徴に“飲みやすい”ということと、“お腹にたまりにくい”ということが挙げられます。どんなにミネラル豊富でも、飲みづらい水だとツライものです。電子水なら小さなお子様や水を飲みなれていない方でも抵抗なく飲むことができ、お腹にたまりにくいので1日に必要な水分補給も楽に行えるのでおすすめです。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから